読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてのご飯が食べたい

定時に帰れるっていいね。自宅勤務できるっていいね。子どもと炊きたてのご飯が食べられる。アクトインディでは積極的にエンジニアを募集中です。

WordPress(Page Speed対応) - 文字セットを指定する


難易度 ★すごく簡単 ★★まぁ簡単 ★★★大変 ★★★★すごく大変 ★★★★★世の中金次第

難易度

★すごく簡単

対応

HTMLヘッダーにcharset(文字セット)を指定しましょう。といった内容です。 指定がないと、ブラウザが文字コードの自動判定処理をするので、指定をして必要のない処理を省きます。

[html]<!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <meta charset="utf-8">[/html]

注意点

なぜかHTMLヘッダーに文字コードを書き入れても、今のPage Speedは、HTML側でのContent-typeは無視して注意を出し続けます。

.htaccessファイルで、一括で文字コードを指定することが可能で、この方法ではPage Speedの警告はなくなります。

AddType "text/html; charset=utf-8" .html

UTF-8を指定しておいて、ファイルの文字コードShift_JISのような場合は文字化けをしてしまうので、指定する時は、よく十分気をつけましょう。

参考サイト

Page Speedの傾向と対策