読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてのご飯が食べたい

定時に帰れるっていいね。自宅勤務できるっていいね。子どもと炊きたてのご飯が食べられる。アクトインディでは積極的にエンジニアを募集中です。

WordPress(Page Speed対応) - 誤りのあるリクエストを送信しない

パフォーマンスチューニング

難易度

★すごく簡単

概要

サイト内でリンク切れとなっているページ、画像、CSS、JSを無くしましょう。といった施策です。JSやCSSファイルのようなリソースをリクエストするファイルのリンク切れは、処理をブロックすることになり、サイトをクラッシュさせているようなものなので、適切に処理を行いましょう。

ページのリンク切れ対応

Googleの提供するウェブマスターツールのクロールエラーでドメイン内でリンク切れになっているページを見つけることができます。

f:id:t-namikata:20160130133503p:plain

画像、CSS、JS

Website Explorer(ウェブサイト・エクスプローラ)のようなツールでリンク切れを発見することができます。

f:id:t-namikata:20160130133512p:plain

注意点

既にページが削除されている場合のリンク切れで、内容の近いページや代替ページなどにリダイレクトするのはやめましょう。ユーザーの使い勝手も悪くなり、リダイレクトは通常のページ遷移に加え、処理が入るためサイトを遅くします。ページが削除されている場合は、リンクを削除すべきです。

確認方法

リンク切れが解消されているか、各ツールを使用して確認

参考サイト

誤りのあるリクエストを送信しない link http://t32k.github.com/speed/rtt/AvoidBadRequests.html