読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてのご飯が食べたい

定時に帰れるっていいね。自宅勤務できるっていいね。子どもと炊きたてのご飯が食べられる。アクトインディでは積極的にエンジニアを募集中です。

( SQL Server )CSEでSQL Serverに接続する為の設定【ODBCの設定】


【1】 コントロールパネルから[管理ツール]-[データ ソース (ODBC)]を選択
【2】 [ユーザーDSN]タグの[追加]ボタンを押下
【3】 【セットアップするデータ ソースのデバイスを選択してください】でSQL Serverを選択して[完了]
【4】 名前(任意)や説明(書かなくても良い)、サーバー名を入力して[次へ]
※サーバーがプルダウンの選択肢にない場合は、サーバーのIPアドレスを直接入力

次からは環境によって設定が異なりますが、CSEで毎回「ユーザー名」と「パスワード」を入力してDBに接続するならば、

【5】 【ユーザーが入力するSQL Server用のログインIDとパスワードを使用する】にチェック
【6】 【SQL Serverに接続して追加の構成オプションの既定設定を取得する】にチェックを入れ、「ログインID(ユーザー名)」と「パスワード」を入力し[次へ]
【7】 【既定のデータベースを以下のものに変更する】で使用するDBを選択し、他の項目はデフォルトのまま[次へ]
【8】 デフォルトのまま[完了]

これでCSESQL Serverへの接続が可能となります。
CSEの接続方法

【1】 [データベースへ接続]
【2】 DBMSODBC汎用を選択
【3】 データソースに上記で追加したものを選択
【4】 ユーザ名とパスワードを入力し、[OK]