読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてのご飯が食べたい

定時に帰れるっていいね。自宅勤務できるっていいね。子どもと炊きたてのご飯が食べられる。アクトインディでは積極的にエンジニアを募集中です。

HTML5で新しく出来ること

お役立ち情報

そろそろ、HTML5のことも勉強し始めてみようかなと思っています。
まず最初なので、HTML5で新しく追加された項目について気になるものについて。
■動画や音声の再生(video/audio要素)
■2Dグラフィックスの操作(canvas要素)
ドメインをまたいで通信を行える(クロスドキュメントメッセージング)
■クライアント上にデータを保存できる
■バックグラウンドの処理(Web Workers
■サーバーとの双方向通信
■ローカルファイルの内容を読み取る(File API
細かく見ていくと、新しい要素として、
section:文書やアプリケーションにおける、一般的なセクションを表す。
article:文書内で独立可能な部分を表す。
aside:ページの主題とあまり関係のない内容。
hgroup:セクションのヘッダ。
header:導入部やナビゲーションのグループ化。
footer:セクションのフッタ。
nav:ナビゲーションとなるセクション。
embed:フラッシュとかの埋め込み。
time:日付や時間など。
など他にもたくさん。
全部覚えて使いこなすには結構大変かもしれません。。。
でも、新しく要素が追加されたことで、
文書構造の「意味」を把握しやすくなり、
より検索エンジンとかリスティングとかの精度がアップするそうです。
まだブラウザによっては使えないものもありますが、
少しづつ取り入れてみようと思います。