読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊きたてのご飯が食べたい

定時に帰れるっていいね。自宅勤務できるっていいね。子どもと炊きたてのご飯が食べられる。アクトインディでは積極的にエンジニアを募集中です。

Swift2

Swift2 - storyboard で 高さ可変の ScrollView を autolayout で設定する

多くの場面で、高さが可変の ScrollView を作成する事があると思います。むしろ Web と連携するアプリなんかはそのようなケースの方が多いんじゃないでしょうか。極力ストーリーボードの autolayout を使って、高さ可変の ScrollView を設定する方法を紹介し…

Swift2 - Storyboard で指定した AttributedText のフォントサイズが反映されない

テキストの行間を広げたくて storyboard で UILabel の Text のタイプを Plain から Attributed に変えて font size を 12, line spacing を 5 で設定してあげたところ storyboard ではきちんとフォントサイズと行間が効いていたのですがシミュレーターで確…

Swift2 - クラスの継承とプロトコルの適合(採用)の両方の条件を満たす条件をジェネリクスで書く

Swift2.2, Xcode7 modal で呼び出す画面は、どの ViewController からも呼び出される可能性がある為、ページ遷移用の Utility に定義する様にしています。その時に困るのが、 UIViewController を継承して、かつ、モーダルを閉じる delegate ( protocol )を…

Swift2 - Quick + Mockingjay で Alamofire の非同期通信のテストをする

API との通信をテストする時、実際にリクエストを投げてしまうとサーバーへの負荷やテスト時間など、コストが多くかかってしまうので、Alamofire のリクエストを Quick と Mockingjay を使ってスタブする方法を紹介したいと思います。 Quick: RSpec 風に書け…

Swift2 - 画像アップロードと通常のリクエストを分けてユーザー体験を向上させる

リクエスト回数は極力減らした方が良いのでは?といった方針から、画像をアップロードする処理と通常のテキスト情報を送信する処理を一つのリクエストで行っていたのですが、実際に実装してみたところ、リクエストが完了するまで画面にローディングを表示し…

Swift2 - SDWebImage の placeholderImage や失敗時の画像をセットする Utility クラスを作成する

SDWebImage を利用していると、読み込み中に表示する placeholderImage や、取得が失敗したことを表す画像のセットを毎回書くことになるので、アプリ内で共通で利用できる placeholderImage と失敗時の画像を用意して SDWebImage を呼び出すメソッドを定義し…